●よくあるご質問●


Q.とりあえず、一度会って話だけでも聞くことはできますか?

 

A.はい、もちろん大丈夫です。

ペットシッターは、お散歩代行を除いて、ご家族様が不在時にお伺いすることになりますので、シッターがどのような人間かもご不安かと思います。安心して鍵を預けられるか、そして、お留守番をするその子とペットシッターの相性も、会ってみなければわかりません。お伺いして、お申込みに至らなければ料金は一切かかりませんので、まずはお気軽にお問合せください。


Q.どれくらい前に申し込めば良いのでしょうか?

 

A.ご予定が決まりましたらご連絡いただけたらと思います。

ご旅行や入院など、先にペットシッターの空き状況を確認してから決める場合もあると思います。その場合、おおまかな日程をお知らせいただけましたら、仮予約を入れさせていただきます。但し、当店のスケジュールが埋まってきた場合に、ご連絡の上、ご予定の確定しているお客様を優先させていただく場合がございますので、確定しましたら早めのご連絡をお願い致します。

特に繁忙期(ゴールデンウィーク、夏季の7月~9月、年末年始期間)はご予約が早くに埋まる傾向がございます。

 

「明日来てほしい」などの急なご依頼でもスケジュールに空きがありましたら、可能な限り対応させていただきます。但し初めてのお客様の場合は特に初回打ち合わせが重要になりますので、余裕をもってご連絡いただけると安心です。


Q.打ち合わせに来た人が当日もシッターに来ますか?

 

A.基本的にはお打ち合わせに伺わさせていただいたペットシッターが当日もお世話させて頂きます。

やむを得ず別のシッターが行わなければならない場合は、お打ち合わせでお伺いした当店責任者が事前にお客様にご連絡を致します。


 

 Q.来てもらう時間の指定はできますか?

 

A.お伺いする時間は「10時~11時の間頃に到着を予定しております」などある程度決めさせていただいておりますが、急病の子が出てしまったり、時間延長して対応が必要になる事態が起こる場合もあり、確約はできません。移動時間も道路状況で変わってきます。予定より到着が大幅に遅れる場合はご連絡の上、遅れてお伺いすることがございます。また、繁忙期なども時間のずれをご了承いただいております。


Q.新聞の取り込みや庭の植木の水やりなどもお願いできますか?

 

A.はい、シッター時間内でできることでしたら、郵便物の取り込み、植木の水やり、簡単なクイックルや掃除機がけ、ゴミ出し、カーテンの開け閉めや換気等致しますので、打ち合わせの際にお申しつけください。

 


Q.人見知りで神経質なネコでも大丈夫でしょうか?

 

A.はい。猫さんは環境の変化が苦手です。「昨日と同じ今日、今日と同じ明日が来ることが猫にとっての幸せ」と聞きます。人見知りの激しい子ほど、安心できる自宅でのお留守番がむいていると思います。ストレスを最小限にできるよう、怖い思いをさせないように細心の注意を払いながら丁寧にお世話致します。


Q.長期の留守中も心配なのでペットの様子を毎日報告してもらうことは可能ですか?

 

A.もちろん大丈夫です。

LINEでは写真や動画を交えてリアルタイムに、メールではお世話終了時に写真付きでご報告させていただいております。

 


Q.利用回数が多いので鍵を預けたままにしても大丈夫ですか?

 

A.はい。大丈夫です。

専用の保管庫にて責任を持ってお預かりさせていただきます。

 


Q.お薬を飲ませてもらえますか?

 

A.お客様のご用意したお薬をピルポケットやフードに混ぜて確実に食べてくれる、食べなくても問題は無いという程度であればお世話内でさせていただきます。お留守番時は寂しくて食欲が落ちる子もおりますので、確実に食べてくれそうな大好物のフードのご用意をお願いする場合もございます。

口の中へ直接お薬を入れる必要がある場合、お打合せ後なるべく早い日に、飼い主様に少し家を空けていただきお留守番と同じ状態でシッターが入室して服薬可能かの確認をさせていただきます(飼い主様ご不在だとシッターへの反応が変わる子もいる為)。その結果、させてくれる子のみ対応致します。

 

 


Q.小動物をケージから出して遊んでもらうことは可能でしょうか?

 

A.打ち合わせにてケージの外に出すか出さないかをご相談させていただきます。

いつも通りのお世話を基本としていますので、スムーズにケージに戻すことが可能で、いつもケージから出して遊んであげているなら、ケージの外で遊んでいただきます。

ケージから出している間は、シッターが常に動向を見守るようにしていますが、壊されたり齧られて困るような物は、予め手の届かない所に片づけておいていただきますようお願いいたします。

 


 Q.他の人になつかない犬を散歩させてほしいのですが、それでも大丈夫でしょうか?

 

A.打ち合わせの際にお顔合わせいただいて、その子とペットシッターでテスト散歩を行います。その様子をご家族様に確認していただき、その子とシッターの相性を評価していただきます。この場合、残念ながら危険と判断された場合、お断りする場合もございます。


Q.鳥もお世話してもらえるのでしょうか?

 

A.はい。鳥さんなどの場合は、食事やお水の交換、ケージの掃除等のお世話を基本としております。

放鳥は、普段ご家族様がされており、ペットシッターでもスムーズにケージに戻ってくれる子は行います。

 


Q.爬虫類でもお世話してもらえるのでしょうか?

 

A.原則お断りはしておりませんが、種類によってはお断りする場合もございます。一度ご連絡いただけましたらご対応いたします。


Q.熱帯魚のお世話はしてもらえますか?

 

A.はい。食事のお世話や基本的にできる範囲のお世話になります。

水槽の清掃や水の入れ替えは技術的な問題が多いので安全の為行っておりません。

 


Q.ペットが病気や怪我をした時に、医療行為はしてくれますか?

 

A.残念ながらペットシッターは、医療行為は行えません。

お世話中に様子が急変したり怪我をした場合には、お打合せ通りの手はずを踏んで(緊急連絡先に電話するなど)ペットシッターが病院まで連れて行くようにします。

予め打ち合わせの際にかかりつけの病院を教えていただき、キャリーケース、診察券のご用意もお願いしております。

 


Q.早朝または深夜などに来てもらうことはできますか?

 

A.営業時間は8時~19時半までとさせていただいております(夏季のワンちゃんお散歩を除く)。

時間外は、時間外料金がかかりますが7時~8時、19時半~21時半はお伺い可能です。


Q.登録だけ済ませることは可能ですか?

 

A.はい、もちろん大丈夫です。

ご登録でお伺いした際に、詳しいお世話の内容や必要な物品の場所もお伺い致しますので、次回からお電話、メールのお申込みでスムーズに対応させていただけます。

当面は利用する予定はないけど…という方も、急なご出張や入院などの際に駆けつけられますので登録のみでも承ります。登録のみのお客様で最も多いのは「両親が高齢になってきて体調も崩しがちなので、何かあった時にすぐに駆けられるように…」というお客様です。